raingoesup

「」

2020/07/05

以下、例によって不調記なのでおもしろくありません。

起きて納豆を食べる。何をすればよいかわからないまま4時くらいまでになって、とりあえず出かけようとするも、段取りがものすごく悪くて時間がかかる。自転車置き場は6月で契約が切れていて、それも迷わす一因となる。調子が悪いとそんなことで。同じことで少しも悩みたくないので、通勤には使わなくなっているけれど3か月、契約する。なんか離れた位置の置き場になった。

 

電車に乗って、乗り換える駅につく。そのまま徘徊することにした。とりあえず歩きたいと思ったほう、その先の風景を見たいと思ったほうに、できるだけ歩いていく。思ったより歩くのに適していたと思う。不審かと思われたが写真もとった。県をまたいだ。日が落ちかけの時間、見晴らしのいいローソンにも入り、広めのイートインでなんとなくからあげ食べたりもした。悪くない時間だったと思う。その後も徘徊。知らん駅に到達して、帰る。途中の駅でまた降りてうろうろして。どこで食べるか迷っていた。結局王将に入って中華飯(はん)と小さいビール。店内は殺伐としていて、けれども松屋とかよりはシステマティックでないところはあまり好きではないかもなあ。あえて言うならば。まあ別になんでもいい。結構量が多くて、暑くなった。気温が中途半端でなかなか過ごしにくいというのは今日を通じて感じた。山を歩いているときはまあまあ良い感じだったのだけれど。そういえば山で飲んだスコールの青いやつがすごく美味しく感じたな。ジュースは控えたほうがよい、ということだったけれど。ただでさえ動けないのにそういう中途半端な制限や罪悪感を付加してしまうというのは、あまり好ましいとはいえない、というか嫌だ。面倒臭いことをこれ以上増やしたくない。

 

今日の旅の話はそれくらいにして。不調についても述べなければいけない。かなり現実から逃避する方向に精神が向きを変えがちである。なぜか。思うに楽しくないのかなあ。何事も楽しまなければつらいよ、と言うのだけど、何も見ようとしない。明晰がない。方法がわからない。何をすべきか、何をしたいかがわからないらしい。

 

とりあえず今は3か月、会社組織に所属して。いつでも全然破綻しそうだし、ひょっとしたら今がその動きの中にあるのかもしれないとさえ思える。大人であることとか、現実に生きていることとか、あまり受け入れられていないような。

 

何がしたいのか。今日みたいなことは、何もせず家にいるよりはよい気がするけれど、かといってそれがこの先もできれば幸福かというと別にそうでもないと思う。結局虚しい行為であることを覆すほどの何かを自分で有効化することはできていない。

 

誰にも伝えることができないし、どうしようもないということがはっきりわかったこと。それが最近の。

 

文章を書いても何も整理するという構えにすらならないし、ここらで切り上げる。みんなはちゃんとやってますか。ちゃんとなりますか。変になったことありますか。まあ自分のつらさは自分だけのものなんですよね。

 

ここで急に苦しんでいる自分を俯瞰する目玉が登場する。明日行きたくない、というよりも無理というイメージや考えたくもないという気持ちに塗りつぶされているんですか。ここからもよく見えない。好きなものありますか。

 

明日ちゃんとできるかな。

2020/06/28

以下、喫茶店で手書きしたもの。


17:30出。
鉛筆とスケッチブック。本屋。ない本屋。
ヤンキー達を乗り越えて入ったカフェ。嘲笑。
漂白剤のにおいの中で飲むコーヒー。
その点マックよりも...。京都へ行ったほうがましだったろう。
生活をやっていくこと。
嫌なにおいは嫌なことばかり思い出す。
河原町丸善でオムライスみたいなにおいをかぎながら
大量の本に囲まれていたほうがまだ良かった。
夕方に焼きそばを食べるか迷った末に食べたが
失敗だった。糖質を制限したほうが良いというのは
本当らしい。ろくなことがない。
明日は仕事。苦手なあの方はいるが
電話番ではないのはいくぶん気が楽だ。
本格的にコードとふれ合っていく。
できれば明日実装を終わらせるくらいか。
OJTとしてどこまでやるのか聞くのを忘れないように
しないと。

来週のどこかには新しいスーツを買いに行く。
紺かグレーか、あるいは黒のストライプか。

とりあえず迷っている時間は思考を圧迫すると、
何でもいいからある程度のところで決めて、
行動に移すなり買うなりしたほうがよい。

・・・


2020/06/19

週の終わり。背後からの視線、いや時折横からだったり斜め前からだったりしていたそれに怯えながらも、仕事とその後の勉強を終えて、オフィスから出ようというとき、何故か掃除を始めていたその一団の前で、最低限失礼でない、のかもよくわからないコミュニケーションだけを残して去っていくことになった自分は、かねてから思案していたように会社帰りに飲みにいくことにした。わけのわからない電話をして少し気分を上げ下げしてから、街を歩いて、みんなやはり何人かの集団で、美味しそうなものを食べているのをみて、まともな人たちばかりだなどと思っていた。結局、一度入ったことのある、わけのわからない地下の、汚らしく臭いラーメン屋(臭いのはとんこつを扱っているので仕方ないのかもしれない。ラーメンは美味い。)に入った。案の定がらがらで、ふつうの個人経営ラーメン店よりは2倍くらいの敷地に客は自分とあとひとりだけだった。途中からめちゃくちゃ酔ってそうなおっさん4つが追加されたそこで、自分は明太子ごはんとビールを注文した。ラーメンを頼まなかったから、ビールはもしかしたら発泡酒に変えられていたかもしれない。その後はカラオケに行った。前よりも声が出て楽しかった。

 

 

 

 

今日は特に何もしていない。兄がその友人と明日釣りに行くというので来ないかとも言われたけれど、やはりなんとなくそんな場合ではない気がして。だからといってすぐに何をするでも、何かができるでもないのだけれど。中学生だかそれくらいのとき何かすべきことがあるのにつりに行ったりして上手くいかなくなってしまった経験があるから、なんとなくそれと同じようなことはしたくないのだと思う。別に明日中に絶対すべきことってないのだけれど、必要じゃないこと、他人と関わることでもないことに一日を丸々賭して疲れてしまうのは、必要なことがすべて回っていない人間にとってよくないのではないかと思えてしまって。何かのきっかけで気持ちが変わったり明晰になったりということもあり、それがあることで色々な問題が解決するということもあるのだけれど、それに一日以下略。

2020/06/16

そのようになっていく。/今日も歩いていく。露骨に森の中を通っていく。いつか雑談で、田舎すぎて森の中通って通勤してるんですよ、みたいに話せたらいいですね。/そんなことはどうでもよく、神社の森を突っ切るように通っているこの道がかなり好きだ。ここにいるということが、自分の人生の場所がとても良いものであるように感じられる。/一方で会社は大きいだけ、交通の要衝であるだけ、地名が知れているだけの、実際のところはどっちつかずで味気ない駅の近くにあり、なかなかそういった意味では楽しみづらい。自分だけの風景が必要だったのだ。ついでに窓も常に遮られていて。/そんなことはどうでもいい。/おなかやあたまの薬を飲んだりしつつも、というか飲んでいたからか、帰るくらいの頃は割と調子が良かった。資格試験の勉強のため残っていたが、そんなにやって大丈夫かというような言葉をかけられる。いまいちどれくらいが相場なのか、何をすべきなのか、わかっていないのでわからないけれど、やれるときにやれることをやることは良いことなのではないかと思う。/こんなことをしている理由のもう一つは、長時間居ることで慣れることができるのではないかということ。とにかく何がしんどいって、精神的なことが一番。デスクに座って電話がくるのではないかと思いながら、けれども作業も進めなければならなくて、みたいに焦りながら存在している様子。細かいこと気にせずに座っていたいから、できるだけ居心地がよくなるように、慣らしていきたいと思う。/そんな、ところ。

2020/06/15

起きる。あんまり目覚まし鳴ってた気がしないのだが、まあ予定通り、想定範囲の時間。/炊きあがった沼をしゃもじで切るように混ぜ、オクラの原型を忘れさせ、鶏肉を糸状にほぐしていく。新しく買ったタッパ3つで収まるかなと心配だったが、2つで収まった。大仰にグラインダで砕き入れたハーブソルトの味はやはり感じなかった。そのままだと粘度が高すぎて食べづらいので、最近は食べる前にお湯を足していて、日に日にその量は増えていたのだけれど、今日はやっと十分という量になった。/昨日から決めていたように、歩いて駅まで行く。やはりこのほうが良いらしいということは、行って帰ってきた今においてもそう思える。その要因としては、まず楽しいということ。楽しくないというのは、自転車で延々同じ風景を見て、駅に着いたらぶっ壊れた髪型を直して、という日々との対比。自転車に乗りながら見る風景は解像度が低い。毎日同じ景色をその低い解像度で見続けるというのはとてもつまらない。歩きながらそのへんの草を見たり、神社の中を通ったりしたい。ルートの自由度が高いのも魅力。また、会社に行ってからの落ち着き方も違うように思う。なんとなく、自転車よりも歩いたほうが世界を地続きに感じられたりとか、目が覚めるとかいうことが関係してそう。まあ暑いとか時間がかかるとか靴が傷むとか色々デメリットもあるけれど、短期的に見て精神によいほう、すなわち楽しいほうをできれば明日以降も選んでいきたいな。/会社では姿勢よく椅子に座りまくっているので、別の場所では別の態勢でいたくて、今はベッドの上で書いている。/主題がはっきりしませんが、そんなところです。

2020/06/14

朝起きてやることがある。朝には起きていなくて、11時ぐらいだ。とりあえずそのことがあるということについては、少し前より生活が良くなっていると言える。楽しくある。/なかなか外へ出ることができず。だるくなって昼寝をする。悪くない。平日との違いを存分に。休むことは大切。/4時半だったか5時だったか5時半だったかくらいに家を出る。風景を楽しみながら歩く。人とすれ違って、嫌な思いになりながらも神社にたどり着く。雨に強い靴が欲しいなと思いながら、ぎりぎり許容範囲のぬかるみ(許容範囲なのでほぼぬかるんでいない)の道を歩いていく。人が居ないので、存分に写真を撮ったり、かがみこんで木の表面とか観察したりできる。

 完全に存在や存在感を忘れていることもある気がするが、自然はいい。完全にそれとのみ交信するとき、人間社会と、自らの悩みと無縁である。忘れずにいれるか、ないがしろにせずにいれるか。多分失っていく。/亀(たぶんクサガメ)とか、鯉とか、別のたぶんバスみたいな魚とかも見れた。ただ、水面ばかり気にしているとそれはそれで視野が狭くなるし、いつかと同じような視点になってしまうし、それはそんなに体験として良くない気がした。/なんとなく電車に乗って隣駅へ行った。なんか若者が多い。そういえば東急ハンズのグループの店ができていたということを思い出してなんとなく行ってみた。なんとなく、必要でもあったから、折り畳み傘とそれを入れる袋を買った。そのあとはカラオケに行って1時間過ごした。ドリンクバーからメロンソーダが消えていたのが残念だった。あれが一番喉に良かったのに。そのあと本屋に行こうとしたけれど、目の前でシャッターが降りていった。つぶされたりしなくてよかった。/カラオケに行ったことによって存在を、存在感を思い出したバンドの曲を聴いて帰った。今まであまりよくわからないなと思っていた曲も、気分を変えたい、自分の組成を変えたい、という気分によって聴くことができて、少し変わった。/帰ってきて、アイロンをかけたり病院の予約をしたり今週分の沼を仕込んだりした。酒を飲むべきか悩んだけれどサングリアを少し飲んだ。今はお茶を飲んでいる。/なんとかやっていく。

https://twitter.cohttps://twitter.com/cocteaumikiya/status/1272139694906568704?s=20m/cocteaumikiya/status/1272139694906568704?s=20

2020/06/11

昨日ジュピターで買ったハーブ入りソルトを沼にかけた。グラインダーの感触や音が思ったよりなく、味も思ったよりなかった。結局業務スーパーの塩胡椒で美味しく食べた。/会社。キーボードを自宅から持って行って使った。普通にそのようにするのかというのは誰にも聞いていないのでわからない。ノートパソコン直打ちより姿勢が安定し、いつもより安定していたように思う。進捗は悪くない。/それでも不安は募る。/まあ気にしてもしょうがない。今日は電話に出る必要があまりなかったから、気持ちが穏やかだったのだけれど、明日はフルに対応する必要がある。大声を出す必要もある。/まあそのあたりはなんでもいいです。悩む必要はない。対策をとって構えて、できる限りのことをその場でやる。/今はモレッティローズヒップティーを同時に飲んでいる。(決して混ぜてはいない。念のため。)悪くない。/ずっとやろうと思っていたゲームを買った。また、問題に対して対処する道筋が見つかり、ようやく動けそうである。/そんなところです。