raingoesup

「」

2020.10.29

最悪の状態ではないと思う。年末調整はまあ必要なものは幸運にも埋めておいたものが湧いて出てきたので、来週頭までに入力して来週頭に出すことができそうで、なんとかなった。普通のことを普通にできなくなりそうになって、そういう形質だったんだということを思い出すと、とても焦ると同時に、恥ずかしい気持ちでいっぱいになりますね。忘れていた。なんか有名な俳優とかも普通に年下で、とても変な感じだ。とても大人のようには思えない。そう、大学院を出て、というならば、本来はもっと大人で落ち着きのあるもののように思えるはずだ。そんなイメージをもとに、会社の人も自分を迎えたのだとしたら、などとすごく余計な想像も捗っている最近。

それは多分会社の同期もそうで、多分みんな普通にちゃんと落ち着いている。それがわかっていなくて、自分は「合わない」とか感じているような気がしてくる。

今週末、というかもう明後日はそういう人たちとお酒も飲まずに明るい空間で喋る機会があり、なかなか恐ろしく感じている。もっと自分から閉じていったらどうなるのかな、という妄想には暇がありませんが、このところはあまり気負わずに、ラジオで覚えた喋りができたらいいなあとか、くだらないこれも妄想でも抱きながら、適当にやり過ごせたらなあと思うんです。急にまともになるとかは無理なので、あまり目指さないことにする。軽蔑されても、全然仕方のないことだぜ。そういうもの。そういう生き物。そういう仕組みである。自然淘汰への歩みだったとして、それが何だというのか。別に気にしなければいい。その後で行くCDレンタルのこととか考えていけ。乗るあずき色の電車のこととか、読んでる本のこととか。あーいや、めちゃくちゃ暴かれそうなことばかり気になる。しょうがないのにな。何を懸念して、どうなれば正解なのか。素直に生きられる展望がない。

こんなことを思っていると、過去の態度の過ちがとても浮かんでくる。幸福なのにあんな風に狂ってしまって。過去もないし、未来もない。

いやでも。まあ全部しょうがないんですよ。そのうえで、楽しいことを考えるしかないんですよ。そういうような自分本位がおぞましいのか。わからないが。別になんでもいいんですよ。

適当な言葉を打ち出して、やっぱりこれじゃないや的な方法で、果たして気持ちは見つかるんでしょうか。まあでもそれくらいしかアプローチができないんだよな。その他のことなんて。

2020.10.27 愚デー

死の火曜日。午後の死。午前中はまあよかったのだけれど、午後になって謎の眠気に襲われてからは散々なものだった。多分それは裏切りのようなことだから、社会人として到底許されることでもないし、ありえないことなのだろうな、とこのように文法もままならずにまくしたててしまうくらいには、つらい、というか正気がないので本当に感情を超えた何かで、普通の気持ちが壊れてしまい、怖かった。大げさなことだ。感情について語ることは本質ではなくて、経験をなるべく正確に記したいと思うと、感情がでてくるというだけだ。

なぜ壊れてしまったのか。あのとき確実に午後のコーヒーを飲んでいたにもかかわらず、それに逆行する形で眠気がやってきて倒れかけるのを繰り返していた。睡眠は多少少なかったが、まあそこまでではなかったはず。何かがおかしいし、説明できないことだ。

多分昨日の酒が悪かったんだと思う。最悪過ぎることだが。何を思ったか、自然にコップ3杯分の酒を入れてしまって、あれ、いつもこんなんだったか?という微かな違和感を感じていたのは覚えている。

お酒を飲んだ翌日のほうが調子が良かった。これは間違いじゃない部分もあったのだけど、やっぱり社会一般的に間違いすぎる。

こんなことは書きたくもないし、なぜわざわざまた睡眠を削ってでも書いているのか、というかんじだけれど、とりあえず飲まずに静かに寝ることをして、それを覚えたいと思う。

2020.10.26

寒い。手袋だけしたけど確実に体が冷えた。昨日買ったばかりの本を携えて会社に向かう。思ったより難しくてあまり内容は思い出せないけど、この行為は自分の精神に何か影響を与えるんでしょうか。何かが欲しすぎる。

寒いせいか調子は良くなかった。会社は暑いときも寒いときもあるよくわからない気候。久々に腕まくりせずに小一時間過ごした。

昼ごはん。調子悪かったり早く食べないといけなかったりであまり話せなかった。まあこんなもんですよ。

午後。そんなに睡眠時間が少なかったとは思わないのだけれど、かなり眠くなって、しんどいのにブラックコーヒーを飲んで、気持ち悪い状態になっていく。くしゃみをしたらマスクが大変臭かった。

最後もどうでもいい作業、やりとりに0.75hを費やすなどしてしまいあまり気分のよいかんじではなかった。まあ、なんでもいいから会話があったり、遅くまでいて会社に貢献しているような姿をとることはできて、そうしたものは好ましく、退出時の声もすんなり出せた。

明日はもう少し元気に過ごせるとなおよいと思う。土曜日のことはあまり考えすぎずに。

2020.10.26

何だったかわからない。目が覚めたのは昨日と同じ11時頃だった。目覚ましによって起きたのは含めていない。休日はそれくらいに起きるようになってきている。朝からどこかへ出かけて、というのは久しく無い。昨日業務スーパーで買った菓子パンを食べようと昨日から決めていたので、それを朝食ということにして食べた。その後は机上で賞味期限を迎えていたチョコデニッシュも食べて、コーヒーを飲んだ。ジュピターで初めて豆のまま買ったマンデリンがちょうどなくなった。豆24gに対し、出来上がり300mlくらいだった。昨日よりはちゃんと濃く、美味しくできたと思うけれども、でもまだコンビニや会社の自販機で飲めるものに勝てていないかなあ、と思わせる程度。単に味の好みの問題かもしれないが。

その後は何をしていたっけ。わからない。2時か3時くらいになって、これまた想定していたお昼のレシピである、瓶で買ったトマトソースでパスタを作るというのをやった。完全に勘だけでやろうとするのを踏みとどまって、少し調べたところ、どうやらオリーブオイルでにんにくを炒めたところにソースを入れるらしい。よし、とチューブのにんにくをオリーブオイルで炒め、ジュルジュルと音が鳴って、揚げ物みたいになっているところに、大きいスプーンでトマトソースをおもむろに入れたところ、滅茶苦茶に爆ぜてソースがコンロや服や肌に飛び散った。熱い。慌てて火(IH)を止めたが、それでも爆ぜ続ける。フライパンを浮かべてやり過ごした。(別に浮かべても意味はなかったことに、普通に今気づいた。)もう少しその状態でソースを足して、再び火にかけると、今度は惨事には見舞われなかった。適当にぐつぐつとやって、そこにパスタを入れ、少し馴染ませるように火を入れる。よくわからないができたので皿に盛って、スライスチーズを手で裂いてのせる。いただきます。うーん、味がない。これはそう、覚えがある。塩がきいていないのだ。ハーブソルトをかけると見た目もなんだかよろしくなって、普通の味のパスタになってくれた。普通で美味しい。

・・・

2020.10.24 雑感

あまり整っていない。なんとか会社へ行くというのを繰り返しやっている。勢いだけで一週間を乗り切り、爆発している。休日にまともなタスク消化はできず、狂ったように歩くだけ歩いて、整うふりをする。やばいですね、って言われたし、やばいと肯定も軽い感じでできたのでそれくらいの感じならいいのだけど、多分ずっとそうなら話題も更新されないし、本当につまらなくやばいことが明らかになってしまう。

 

結構悩んだけれど、来週は行くことにした。なんだろう、仕事をしていたら少しだけ躁っぽく勢いがついていて、その勢いがついているタイミングがちょうど返答を迫られているタイミングとかち合ったから、という程度の理由でしかない。そんなこんなで、着る服も多分あまりないな、と慌てて服を買って、というようなことで少しだけ整う、というのを昔からやっていたな、というのを思い出す。まあ整う部分もあれば、逆に荒れる部分もあるのだけれど、けれど多分、その集団に属する人に合わせること、一般的な生活や価値観に沿ったことをすることは、多分それに合った形に近づけていくことにつながるとは思う。まがいものだとしても、多少なりとは。

 

兄が帰ってきていて。話すときはいつも、昔からそうだったのか、色々な負い目みたいのが増えてそうなっていったのかわからないのだけれど、独特のつまり感を感じる。つまってもいい相手と考えているのか、何かよくわからないけれど。そういうこともある。ゲームをやっているところを見て少し話した。

 

それが終わって夕方ごろ、何か、と思って家を出る。リカーマウンテンという山に行き、かなり色々、魂が抜けそうになりながら酒や食品を見ていた。悩みすぎだとは思う。まあ何をどれくらい買うべきかもわかっていないので、仕方のないのかなあ。それがわかっていないことについては仕方なくはないということ。ライチの香りのするという芋焼酎が美味しそうとおもったので買った。その後はスーパーへ。魚を見たいと思った。どれくらいの魚がどれくらいの値段で売られているのか、見たくなった。丸のまま売っている魚をさばいて刺身にできるのか、その場でスマートフォンを見つめ調べた。やはりというか、基本あまり向かないらしい。流れで肉売り場も見た。鶏のきんかんという部位が売っていた。黄色くてとても丸い、子供の頃からみて不気味な印象を覚えながらも好奇心をかきたてられる物体。まだ何なのかわからなかった。あとは肝なども売ってますね。でもやはり何もわからなくて、なんとなくレジにものを持って行くことも億劫に感じるような精神状態に久々になっていたので、何も買わずに出た。本屋に入った。ビジネス本の棚を見てその中に居る人々の毛色に嫌悪感を覚えたり、趣味の本や、その他さまざまな本を見てその先に世界が広がっているであろうことを思い出しては、いや色々やりたいのだけれど、何をしていいのかやはりわからなくて、基本的なこともできていなくて、何もやっていない、この先もこんな感じで続いてしまうのかなあなどと思ったりした。大量の漫画を見て、人々のささやかな欲望の形を思ったりとか、サブカルにももっと全然のめりこんでいけてもいいのにな、と思ったりもした。そうまあ、それくらいでとりあえずはいいはずなのだ、というのでここにきて何故か少しだけ安心できたような気がした。家に帰った。

 

ラムーの非常に安い牛丼を食べたり、犬の散歩を頼まれたので行ったり、アニメを見たり、お酒を飲んだりした。ありがとうな。何も解決はしていないのだけれど、ありがたいことは確かだ。どこにいるのか分からなくなっても、できるだけ見失いたくない何かがある。どこにいるのか本当にわからなくなるこの頃。季節が変わって色々なこと、価値のありかた、気持ちなどを思い出すけれど、それも伴って、本当に色々なことがわからなくなって、いや今はいつの時代にいるんだ、どこにいるんだという気になってくる。そういう話が一度したかった。誰かともできればしたかったのか?いやそんなことは記事を書きながら手が勝手に刻んだことで、別にそういう発想は特になかったし、別に浮かんだからと言って捕まえて精査すべきこととも思えない。整理すれば何か変わるかとも思ったのだが、思ったより何もわからないままだ。どうすればいいのか。どこにいるのかすらわからないならそれをわかるように、と言ったとしてもなんだか脳が理解を拒絶し始めているような感じがある。どうしてしまっているのか。とりあえず今浮かんでいることとしては、できれば狂わずに冬を乗り切りたいかなあというところ。本当に狂ってしまって仕事に行くことすらままならない、という状態を避けたいことについては、全自分で合意がとれているはずだから(それくらいは頼む)、それをない頭に置いてやっていくことにする。かち合ったような気がしたところで終わりです。

2020.10.19

寒い。ちょっと人に会う、というか職場なのでまあずっと会ってはいるのだけれど、そんな感じの機会があったので、かねてより目の上のたんこぶ、のようになっていた、目の斜め上の髪に謎の物体が付着して取れなくなっていたところを、眉毛用の小振りで先の曲がった鋏で切ろうとしたのだけれど、勢い余ってその一本だけでなく結構な量の毛先を切ってしまった。まったく、全然予想していた悪い結果になるので、どうにも何も上手くいかなくなるのが普通だということを刷り込まれるような感じがした。それでそのときは、うわと思いつつも、少し整えたら、むしろ前よりも余計なやんちゃみがなくなってすっきりと顔が見えやすくなったな、くらいのことを思ったのだが、会社に行ってずっとやっていると、自然に髪型が崩れてくるのと時を同じくして、それが気になるようになってきた。これは一日を終えての感想。

・・・

それで時を少し戻して、その用事の時がやってくる。まあそれなりに普通に話しているので、自分としてはなんか違和感があるくらいに順調な感じがする。そこでの自分というのは、もうある程度自分のやばみを隠そうともせず、ちょっとしたネタとして、その多様性がさもありなんというような感じでやっているからかもしれない。できているのか。たまたま運がよかった、くらいに思っておくのが良さそうだと思った。

・・・

で、その後から少し不穏な時間が続く。少しいつもと違ったところが、昼を終えてぎりぎりに帰ってくるところとか、そこからすぐに通話が始まったところ。もう少しカフェインを十分入れておくべきだった。少しでもまどろむと、それはすなわち全然信用の失墜につながるわけで、正直なんでそんなことになるのかとも思うのだけれど、多分それに少しだけ関連していることとして、自分がいつもイヤホンなりヘッドホンなりをつけて眠ることが多いから、耳を塞いでその状況にすると、何故か眠くなるようになっているということが思い当たる。あんまりよくないものが身に宿ってしまったようだね。何かの差別化を図って、二つの状況を分けていく必要があると思う。

それであとは、電話。そのような不安感から、完全に快活な立ち振る舞いというのはできなくなっていて、定時を過ぎて集中力の切れた状態で少し難しい扱いの電話がかかってきたので、自然と崩壊した、というわけである。

とはいえ自分の中で、それは可能な限りの対応をしていたつもりだったのだが、本当にその内容が正確であったのかも怪しく、自分の行動が正しかったのかもよくわからないというような所感になってしまっている。これは不信感のなせるものが強い。それが終わった後に、ちゃんと連絡ついたので大丈夫ですよ、とわざわざ言ってもらったのだが、その時の声と顔が少し厳しいものに見えて、聞こえてしまったのだった。

そこから後は、チャットの中で過去最悪っぽい形に軋轢が加速していっている状況とかにも飲まれて、退出の際にはものをしまう手つきもおぼつかない感じで、最後に出すべき声も前半がつぶれた形で発せられることになった。いつもなら返ってくるところから返ってこず、それがさっきの一件の箇所であるから、それはもう導かれてしまうというわけ。

・・・

そんなところ。

このところは日記を書く頻度が減ってしまっていたが、ふと、日記にも書かなかったら本当に何をやっているんだと思う、というようなことを思った。

書くことは責任を果たすことなんだと、中途半端に読んだ本で得たうろ覚えの座右の銘みたいなものがあり、それをやることで無条件に一定の救いを得られるというような宗教があった。それを少し忘れていたか、今思い出したかした。

 

 

2020.10.15

ひとたび書かなくなると何を書いていいかわからなくなるもので、それを書くところから始める。仕事で一日中キーボードを触っているからか、以前よりスムーズにタイピングできている気がする。こんなときにタイピングのスコアを測る。流れてくるかなづかいに脳が追い付かず、ミスも多くなりスコアはそんなによくなかった。

こんなことが書きたいのではない。

明日は考課があるから、なんとなく最近の自分を振り返っておきたい気持ちがあったのだが、蓋を開けてもこんな脳の中身そのままみたいな浅い内容しか出てこないのでは、困ったものだ。

・・・

最近はいい気候やね、と思うことが多い。今日の夜などはいよいよ少し寒くなってきているような気がするが。こんないい気候なら外へ行きたい。このごろは日曜に、休日を諦めたくなくて、諦めたらまずいからなのだが、ふらふらと外へ出て電車にのって、ふらふらと降りて、よくわからない場所をふらふらと彷徨い続けている。あてもなく歩いてもそれなりに面白い風景は見つかるもので、この前は踏切がすぐ前にある神社と寺を見つけた。存在自体は記憶にうっすらとはあったのだが、何もねらわずにそういったものを見つけられるというのはとても愉快な感じがする。夜になっていて、あまり何も見えなかったけど。夜の神社の雰囲気自体好きなので、そこは割とどっちでもいいです。

 

今週の予定は特に何もないです。釣りがしたいとか、自然を感じたいとか、あるにはあるのだけれど、他にもっとやるべきことがあるでしょうとなり、結局それもしない、というような休日の繰り返しである。いつから?まあ、それでも狂わないことに意味はあるので、無駄なことばかりではないんだよ。何を言っているかよくわからない。

 

今後どうなっていくんでしょう。仕事にも生活にも不安が多く展望はない状態。それでも、最悪ではないと言えることも多いかなあ、と思うんです。

そういった、漠然とした希望を持つことで日々をこなしています。とりあえず今月も給料はかすめ取れそう。