raingoesup

「中高生のときやりたかったブログを今やる」

途切れた

研究室の掃除。日程を間違えてしまったので本来いるべきところにいるのではない。だから同じ級の者はいなくて、当然居座り方もたどたどしくなる。

掃除が始まった。バケツに水を汲んでくる。廊下にあるものの尋常においてそれが扉と認識することのない扉を開いて、受け口の広い流し台から汲み上げる。久しぶりの行為だったので分量がよくわからなかった。

バケツの水に雑巾を浸しに先輩がやってきて、話しかけてくれた。就職活動のこととか。

自分はそのときもう少し踏み入って、先輩のときはどうだったという話をすべきだったと思う。

 

その後同じような機会が巡れば聞いてみるかと思っていたけれど結局できずに帰った。

======

スーパーで酒とパンとラーメンを買った。何か今食べるものも欲しいなと思ってたまにはマクドナルドにでも寄ってみるかと思い、おにぎりを買うのを見送った。マックに寄ったけど最安のバーガーでも二百円とかして高すぎじゃん。と見送った。帰った。

 

======

ラーメンを食べてバイトをした。

 

===

研究室での一幕に気持ちがもたげるけれど、あれはそもそも存在しない機会だったのだからということで流そうとしてみる。たまたま日程を間違えなければ先輩と同じ日にこうやって掃除することもなかったから。

 

======

いつまでこんなことをやっているのかわからないという状況の中、就活が始まったらしい。ずっと大学院へ行く意思が固かって数日前に心変わりしたので、全くついていけていない。

 

丸く収まって欲しいと心のどこかで淡く期待しているけれど、多分波乱がなければまた落ちていく展開なのかなと思う。

 

===

直近には、なんか知らないけれどあちこちで開かれるばかでかい説明会に行っていろいろ話さないといけないのと、TOEICがあるのと、免許もそろそろ取らないと法律が変わって弱い免許になってしまう。

楽しいことには多分、一番は旧友と会う予定があることで、その次にはサークルか。けれども、だんだんどんな顔をしてそれに臨めばいいのかさえわからなくなってしまうような気がしている。

日記

バイト。高校生がおしゃれな格好をしていた。俺は毛玉がまあまあついていた。

 

======

昼寝をした。変な夢を見た気がした。

 

======

夜には深夜徘徊。今日は自転車だった。

レンタルビデオ店は10時に閉まってしまうからその横のカラオケに行こうと思って行ったらレンタルビデオ店の営業時間が12時までに変わっていたので、しばらくその店をぶらぶらしてからカラオケに行った。

シネマスタッフとシロップ16グラムを多く歌った。録音をした。

久しぶりだったけれど少し上手くなっていた気がする。無理をしなくなったからか。

 

帰りにコンビニに寄ったら店員がいなくて「すみません」と言ったらすぐににやけ顔で出てきた。何か馬鹿にされているような気がした。

======

======

 

この先何も上手くいかなかったとしても、やんわりとした楽しみは残るような怠惰な思い込みがある気がする。これは多分恐ろしいことだ。

 

今まではつらくなっても基本的に逃げ道のある時間だった。それは変わらないといけない点で、それで今、僕自身が変わらざるを得ない境地にきている。

 

今でも僕はできることなら、人生の可能性を全うするよりも、幼さを残すことを選ぶんだろうか。そんなものが結論になりうる精神にだけはなりたくない気がするけれど、やっぱりもうよくわからない。

日記

今日は大して何もできなかったな。

こんな日は眠りたくなくなる。まだ何かしないといけない気がして。

 

======

音楽を漁る、夜に歩く、食べる。

最近は少し食べ過ぎている気がするけれど、体重計がどこかへ埋没していってしまったのでわからない。

 

予定の整理も少しだけしたけれどまだまだ。

そもそも何を優先するかがわからなくなってしまったので前と同じテンションで考えられないよ。

 

======

できれば知らない土地で適当に暮らしてみたいとふと思った。

染み付いた惰性が風景から消えるのなら別にこの町も嫌いではないようなのだけれど。

 

子供の頃に見た近所。何もかも新しくて、季節のみずみずしさに満ちていた気がする。初めて知った色だったから。

 

いつのまにか子供じゃなくなっていた。

こんなもののために育ててもらったのか。

======

 

 

私の

昨日今日は大学院の見学に行っていた。

就職活動をしなければいけないかなと思った。

 

======

最初はどんな感じで居座ったらよいのかわからなくて目の所作がおかしかったと思う。

来ていた他の学生は、自分の分野の話を活発にしていた。自分はそれがいまいちできなかった。普段からそういうことをしていない、する相手がいないことが原因か。

院生も教員も皆頭の良さそうな話し方で色々なことを話している。

 

最後には○○と話もした。昨年の五月と同じ気持ちになった。

======

気負わないことにする。

明日は調べ物をして今後の計画を立てる。

日記

昨日のこと。

今までで一番苦しみながらギターの練習していた、そのライブ。

至らなかったことは色々あったが達成感もかすかにあって。

 

帰宅したら家の調子が良くなかった。

怖かったけれどなんとか収まってよかった。

 

======

今日は遅くに起きて予約をして髪を切りに行った。

 

帰ったら今後のことを考える時間を少しとった後、バイト。

 

======

明日は久々に真面目な場面へ赴くので少し心配。

何がかというと、多分知能が低いと思われることとか、何も考えていないと思われることとか。

本当にそうなら仕方ないのだけれど、せめて考えていることはちゃんとしたレベルで話したいと思う。

まとめておこう。

 

======

長文のラインが来て、長文で返すなどした。

返事はない。

 

たまにはこういうことをしないといけないのだ。

考えていることを外に出して生活に厚みを出す練習。

 

短文で返しても返事はない展開だったので気にはしない。

日記

ふがいない結果に終わった、その翌日。

 

起きたら階下が騒がしかったので思わず二度寝した。

 

起きたらフォーとほうれん草と納豆を食べた。

練習してアニメと動画を見た。

 

少しずつ頭痛。捗らない。

 

いつものファミレスへ行って夕食を食べた。

いまいち捗らないな。

 

======

冬の寒さに抗えない。いまこうやってすこし凪いだとしてもなお。

六時間は欠かせなくて、八時間でも満ち足りなくて、一日の何分の一か。

古い記憶とかに呪われてる。

 

======

呪われた言動と魂。

自分に抗えない。

 

喧騒の無い時間。少しだけ凪ぐ心。

 

======

少しだけ大人びた響きに焦がれている。

口に出せば何か変わるのかな。