読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

raingoesup

「中高生のときやりたかったブログを今やる」

ひとりになるまで

今まで滅茶苦茶やって表層的で装飾的な部分を追求しながら作曲を試みていた。けれど自分の追い求めるイメージからしても曲の核としてやっぱり美しいメロディというのがあったほうがいいんだろう、というのを今ようやく思えた。

 

______

ユーチューバーとかスマホゲームとかそういう今の主流な時代性めいたものが割と苦手だと常々思っていて、世の中に対する孤独感のようなものを感じたりもする。(「ようなもの」とか「めいたもの」ってイメージの話だから重ねて使ってしまったけど、便利だなあ。)そういう感情を持ちやすい人間なのかもしれない。おそらくは、便利だから。自分と他人を違うものだと思っていたい。そうすれば、同じ土俵に立たなくてすむから。一人相撲バンザイ。

もはや、楽しむという行為すら、人並みにできないことが恥ずかしいのかも。我々は一体どこへ向かっているんだ。「私は」より「我々は」のほうがなんとなく好ましかったのでそうしたけれど、実際は一人である。そんなふうに心の中では複数人の一部でありたいと思っているのに、本当にどうしたことか。

 

______

  /*

もうすぐM3だ。M3というのはインターネットで音楽やってる人たちが集まってCDを売ったりするイベントらしい。同人音楽とかそういう純粋に創作っぽい土壌というのはとても憧れるから、なにかしら関わってみたいと思っているけれども、僕はそんなにたくさん音楽を聴くわけでもないのだよね。広く探ってみるけれども、よく聴くのは限られた範囲で、色んな音楽をガサガサ聞いていくのは苦手だから、シーンだとかいう単位で芸術を捉えるのはおそらく難しい。と、なんか関われない理由めいたものを書きかけたけど書いてみたらそうでもなかった。

*/

______

//この記事を書いてる途中で思ったことをツイッターに書いた。