raingoesup

「中高生のときやりたかったブログを今やる」

日記

無力感が止まらない。実際そうだからなんだが。

建設的に人と人の間に何かを生み出すということに難しさを感じている。

 

______

適当に時間を埋めて脳を動かせばそれでいいんだろうか。

怠惰から何もしないのか、恐れて動けていないのかすら未だ曖昧で。

 

夏の予定が決まらない。何かあるんじゃないかって探すうちに、一つ一つ消えていく。

 

______

宇宙や深海に向かいたい。それは立ち返ればいつだってそう。

現実に先が見えないからこそ、もっと遠くへ深くへ行きたいと思う。

 

そういう興味を消化して生きていけるような人生を幾度も思い浮かべては結局消えていく。

現実を見ようと思ってそうなったこともあったが、そもそも現実とは何だ。

 

わからないものに振り回されて時間が消えて死んでいく。

できればわかりたい。考える頭がもう少し切れたものであったら違ったんだろうか。

考えを持つことができないということが無力そのものだと思う。