raingoesup

「中高生のときやりたかったブログを今やる」

日記

・ある文脈があっての発言だけれど、諦めは覚悟と同義と言っていた。

・自分は自分の惰性をまだ諦めきれていないということになる。

・いますぐ寝て、明日の自分に託してしまいたい。

・永遠に終わらない六月がまたやってきた。

・週末に遠くへ出かける。そのうちに頭が狂って行方不明となるようなイメージが想起される。

・「あらゆる人間に適材適所があるのならあいつが納まっているべき場所は」笑えない。