raingoesup

「中高生のときやりたかったブログを今やる」

日記

落ち着いて計画を立てて、数時間後にはそのずさんさに吐き気がしたり。相変わらず僕は同じようなことばかり繰り返していた。

 

 

安全講習を受けた。始まる前の世間話という感じで「君たちは皆就職決まったの?」と聞かれて、他の人の影に隠れて曖昧にうなずいた。たまたま知り合いがいて「決まったの?笑」と小さく言ってくれたおかげで、いくらか気丈でいられた。

愛想よくきく。人の相性もあるが今日は自然に笑って相槌を打っていられたように思う。知らないけど。

 

 

吐き気をごまかしてゆっくりと過ごした。

駅で花火が散っていたようだけれど、時計草は無事だろうか。

 

~~~

 

凛として時雨は『just A moment』から方向性が変わって、『still a Sigure virgin?』はあんまり、『i'mperfect』はまあ前作よりは好きかなという所感だったけれど、昨日今日あたりは『still a Sigure virgin?』をヘビロテしてる。特に5曲目以降。

まず『a symmetry』は思いきりハードコアなサビとその前後のミステリアスで切なくダンサブルなパートのコントラストが美しい。『eF』はアコギのストロークが非常に綺麗に録られてて、これだけでもう飽きない。やさしい。『Can you kill a secret?』はもともと苦手だった。爆速でUFOが飛び去るような曲。脳みそとテンションが追いついたので評価が変わったらしい。『replica』は同じくハードコアだけれどもう少しわかりやすくて昔から好きだった。『illusion is mine』は最高の透明感。

 

音圧もあるし、大学で耳を塞ぎたいときにもちょうど良い。ただエネルギッシュなだけでは事足りなくなってきて、異型の切なさと偏執的なこだわりを持った音を欲していたんだろう。