raingoesup

「中高生のときやりたかったブログを今やる」

6

お盆にまあこんな、陰湿な日常の不調の文章を読んだりしないよな......。(アクセス数がいつもより少ない。)僕もなんかあんまり言葉が出てこない。///寂しいので、仮想の仲間を作り「われわれ」とかいって存在を仮定する、という自由研究を思いついた。もう誰も彼も先へ行ってしまって、一緒に成長できる人なんて出合いようがない。ちょっと孤独かなあと思う。贅沢言うなやと思うかもしれないけど、けど......いや、すいません。そう、だからこそ、一番コストのかからない方法で代替しようというわけ。/苦しい体験は、僕らの間ではあるあるである。個人差はあれど、みんな同じようなレベルで苦しんでいる。/僕がそれを乗り越えたとき、みんなもそれを乗り越える。/と、理屈はおかしなことになってしまったが、そのくらいの設定にしておく。実質的には僕一人になってしまったがしかし、これを期に、そういう複数として自分自身を捉えられるといいな。/やるかどうかはわからない。本腰を入れてやるなら、もう一個のブログかなあ。///

今日は夕方頃ふらっと出掛けた。自転車を漕いでいたら駅前に来た。そう、こんなふうにいくらでも、電車に乗ってふらっと出かけていくことは可能なんだな、と思った。今日はそれが実感として確かめられたので良かった。スーパーへ入った。色が多くて目がちかちかした。なんか人とすれ違うのも億劫だ。どんな風にやっていいか分からなかった。これは何かといえば、2日程まともに外出していなかったからだ。最近は研究室で割と活発に喋ったりしていたからか、こんなことあまりなかったんだけど。このくらいの期間外出しないと、人間のやり方、声の出し方を忘れるという仕様らしい。覚えておこう。染み付いてなんて全く無いんだよ。僕らは......。