raingoesup

「中高生のときやりたかったブログを今やる」

-6

夜、何も持たず散歩して考える。何を考えていたんだっけ。/一つは創作の話。このまま何もないなら、音楽でもやらないと持たない気がしている。本当に何もないから。でも何もないと思っていると、鈍った感性は、音楽についても、中途半端なところで「こんなもんか」と思ってやめてしまう。/こんなの書きたくないけど、そういう瞬間は確実に存在する。今日みたいに。/他人は街を作っていてすごいなあという話。意志も思考も、そういう形成に比べて自分は全然。今も言葉すらまとまってない。/休み明けの話。とにかく、余裕を持って始めたい。逆にそれさえ達成できれば、最低限のラインはクリアしたと許せる。///本当はもう少しだけ考えたはずなんだ。重い首回してなんとか外の空気吸ってさ。外の空気を吸って、知らない景色を目に焼き付けることは大切です。なるべく、今までの相似みたいなやつじゃないことが望ましい。///なんとなく人の底みたいなのが、本当に最近、少しだけ見えるようになってきた気がする。なぜそれをするのか。何を窺っているのか。ここまで来るのに色々と壊し過ぎだ。当たり前に見えてるものが見えてないのに、それでも騙し騙し、たまには見ようともしながら、やっぱり結果的には無視する形でやってきた。すまない。///