raingoesup

「中高生のときやりたかったブログを今やる」

日記

今日は怠惰でした。

行動記録を付け始めて一週間が経ちましたが、ちょうどここにきて制御下をはなれることになったいきさつは一体なんだったのかと思索するに、起きるとき下でおっさんたちが騒いでいて鬱陶しかったとか、父と行ったファミレスの若者に嫉妬と嫌悪感を覚えたとか、そういう因子があったように思われます。

あとはライブまで思ったより日がなくて焦り、それによって勉強計画も少し無理が見えてきて焦り、就活イベントに参加するとかいう余裕が無いこととか、髪をどうにかしないといけないこととかが重なって、自分の視認可能領域(これがとても狭い)を超えた規模に不安が発展したからでしょう。

 

こういうとき問題を単純化するというか無理矢理ひとつの方向に視野を狭めることで一時的に不安から目をそらすことを今までやっては失敗してきたのだと思います。

 

どうすればいいんでしょうか。例えば今書いているこの文章をインターネットの質問サイトに投稿すれば、たちまちに意地悪な人がやってきて何かを吐き出して満足して帰ってゆき残された僕は腐った藻類がとどまりただよう海に頭を垂れることになるのかあるいは本当に意識の範疇を連れ出すような結果が得られるのかと思いをめぐらすこともしますがそれは本当に何にもなりませんでした。

 

感情がとけ切るまでにどうにかしたいです。

 

======

青春のようなものを目の前にしてもやはり自分にはそれが借り物のような気がして何も実感が湧かず、それによって為されるべきエネルギー法則の魔法からは程遠い憂鬱に、私は居る。