raingoesup

「中高生のときやりたかったブログを今やる」

マスタ

結局どこへも行かず部屋の模様替えをした。

 

『【結月ゆかり】彩獄【VOCALOIDインスト曲】』

メインはピアノになるのか。ピアノに、ところどころ空間的なエフェクトをかけてミステリアスな空気感を出している。ギターは控えめのバランスだがエッジが効いている。グロッケン的なやつ、あとはこれは自分が作り方がよく分からないノイズもイントロに少し。ドラムの作り方はヘヴィ。1:05~、2:15~などの部分以外はバスを鳴らしすぎないことで展開に自由度が出やすくなっている?終盤はマシンっぽくカオティックなドラム。

全体の展開を再度見渡してみると、まず0:17まではイントロダクションで、それ以降の曲の骨格とは直接関係ない。0:39でまたガラッと変わるが、しばらくしてまた戻る。1:04~はサビともいえる部分。サビが終わって、ゆかりさんとピアノのみに。ドラムが入ってきて、遅くなったかと思えば、シャウトからの急なラッシュ。空間が歪みつつ展開する。終わったと思ったらまたピアノフレーズから入って激しくなっていく。キメキメ。最後はテンポダウンして終わり。好き。

 

『【GUMI】Only my sin【オリジナル】』

不協和音の中に潜むレールガン。なんて曲だ。

4つ打ちにシンセでぶりっとしたベース。ハンドクラップがスネア代わり。この音質を生かしたフィルがある。 イントロは打ち込み感強いが良い音のストリングス。途中からオルタネイトで暴れまわるピアノ。これはサビと同じ。Bメロは2倍の長さの音。2番はBメロに変化あり。間奏は左右のピアノの掛け合い。Cメロはピチカート。割とすぐバスが入ってくる。転調したサビ。アウトロはエンドロールと相まって妙に爽やか。ほんとのラストになってアコギ登場?シューーーッって終わる。

不協和音のせいでめちゃくちゃという印象だけどとてもセンスの良い音使いで好き。