raingoesup

「中高生のときやりたかったブログを今やる」

-8

場違いだろうしって諦めたら心が軽くなって良い感じです。けどまた戻ってきたりもして、よくわからないです。///  結構良い感じでゼミ発表できたな~などと思っていたら、強烈な眠気に襲われる。眠気と共にやってくる、はて自分は何をやっていたのかという感覚。先輩の発表中に少し口を挟みすぎたか。いやまあこれは初めての試みだし加減がわからなくてもしょうがない。先生への返答、適当だったか。まあまあまあ。いいのよ.........。準備も進めているし、ビールのペアリングの本も買ったし、ヘッドホンも注文したし、研究の先々もこの通り、そう暗いものではないし、幸せだろ。他人が少ないのは、今は知らない。///どうすればいいのか。考えていたこともすーぐ忘れる。/会話があまりよくなかった。言われたことに対して、十分に了承を示す前に別の話題に行ってはいけない。そういう基本がわからない。他人が喋っているときなら少しは違和感を感じられるものだと思うが。/始まる前から負けることが確定していた一日を消化した。まあ、負けの大きなものは、上記のものくらいだけれど。とりあえず体調や気分は最悪だったし、顔も歪む。/ああ、それだけなんですね。絶望感とか何かいったって、気分でしかないんですね。いやあでも気分がすべてとも言えるし。/大したことはないことで、心は確実に磨耗する。回を重ねるごとに、慣れてしまうと同時に、またか、そしてまた同じことで間違えたのかという意識が濃くなって。/精神が終わるか、肉体が壊れるか、救いのないキモいおっさんになるか。えーっ、そういう感じなのか?/みんなはキモいおっさんにはならないだろうな、なんとなく。自分は業を背負ってキモいおっさんに成り果てます。やはり罪が深いですよ。そして期間が長い。気付いたときから人間始めようとして、部分的に始まっていったとしても、ちゃんと昔からやっていた人たちに追いつくのは難しい。それでも肉体は老いていく。やっていきましょう。